好奇心あふれるバイリンガルな学びの場所~YBSプリスクール・幼児クラスのレッスン~

YBSのプリスクールでは、年少クラスから
毎日午後にレッスンを行っています。
レッスンでは、英語も日本語も
それぞれネイティブの先生が行います。

年長のピタゴラスクラスをはじめとする幼児クラスでは、
英語や日本語、算数、サイエンス、製作も行っています。
今回は、そんな楽しく好奇心を駆り立てながら学ぶ、バイリンガルなレッスン風景をお伝えします!

興奮と感動を共有するサイエンス

先日のサイエンスでは身近にあるもので
簡単にできる実験を行いました。
材料は、牛乳、食器用洗剤と食紅です。
やり方も簡単!
牛乳に食紅を垂らし、そこに食器用洗剤を垂らすと…

食紅の色がじわじわと自然に広がっていきます!

その様子に子ども達は大興奮!
実験が成功したことに大喜びの子どもたち。

 


日米の子ども達が、
同じ物事に一緒に取り組み、
その興奮や楽しさ、感動を共有できる。
それがYBSのレッスンです。

お互いの文化を一緒に盛り上げる製作

アメリカの文化も大切にしているYBSでは、
クリスマスも大事なイベントの一つです。
11月からクリスマスの製作を行い、
クリスマスムードを高めています。


先日の製作の時間では、画用紙に空いた穴に糸を通していき、
手先の運動を取り入れた作品を作りました。

 

規則正しく糸を通していくことが
難しそうにしている子もいましたが、
好きなように穴に通していくことで、
個性のある作品になりました。
達成感で嬉しそうな子ども達の表情がみられました。

日米の子どもが共に学びあう英語


英語のテキストを使った英会話のレッスンです。
今回のフレーズは、
"Do you want ~?"  "Yes, please." / "No thank you."

日本人とアメリカ人が二人組になり、
ペアでテキストを見ながら練習しました。
まだ、英文を読むのは難しい子どもたちですが、
先生が読んでいるところを一生懸命目で追いながら、
繰り返して発声していきます。
二人で一緒にテキストを使うことで、
一緒に頑張ろうとする気持ちが持てたり、
友だちがわからなくなっているときに教えてあげたり、
真剣な表情で取り組む子どもたち。

次に、食べ物のカードを使いながら4人組で練習を行いました。
最初の人が隣の人に"Do you want apple?" と
自分が選んだカードを見せながら質問し、
聞かれた人は"Yes, please." / "No thank you."で答えます。
答えた人が、今度は隣の人に質問するという形で
ローテーションしながら練習していきます。
子どもたちはすぐにやり方を理解し、
ゲームをやっているかのように楽しそうに
何周も何周も繰り返し練習していました。

 

その後は、グループごとに前に出て
発表する時間です。
人の前で話すことは、多少なりとも緊張するものです。
しかし、ピタゴラスクラスの子どもたちは、
人前に出ることをためらわず、発表することに積極的です。
その力が子どもたちについてきたのは、
間違えを間違えととらえず、どんなことでも受け止めるという
YBSの良さがあるからこそ。

こんな子どもたちに育ってほしい

自分の想いを伝えること、
お互いの違いを認め合うこと、
自分を信じ自信を持つこと。
そんな力を少しずつ身につけている子どもたちを誇りに思います。

自分をしっかり表現すること。それと同時に相手のことを受け入れること。

強い意志を持つ人になれば、
きっとこの先どんな未来も乗り越えられる!私たちはそう信じています。

YBSキッズはそんな子どもたちに育っていってほしい!
だからこそ私たちスタッフ自身もその姿を見せていいお手本になりたい!

そう強く思わせてくれる子供たちの学ぶ姿が、YBSには溢れています。
 

Luna この記事を書いた人

Luna

2017年から加わったYBSの新メンバー。 何事にも挑戦してみる!!そんな彼女の姿勢はYBSにまた新しい風を起こしてくれる。海外での経験から培った価値観と新鮮な視点で物事を見れるは彼女だからこそ。 パワーあふれるアフタースクールの子供たちと一緒に、一歩ずつ前に進んでいる。