寒い朝を吹き飛ばすYBSキッズ~朝の会(モーニングサークル)のレポート~

気候は冬らしくなり、布団から出るのが辛くなってきましたね。

それでもYBSの子どもたちは、
寒さに負けないくらいのパワーで
朝から元気に過ごしています!

今回は毎日各クラスで行っている
朝の会(モーニングサークル)についてレポートします。


エジソンクラス(乳児)

朝の会では、その月や季節ごとの英単語やフォニックスを
フラッシュカードを使いながら行っています。


毎日繰り返し行うことで
月の終わりごろには子どもたちから、
英語を発するようになっています。
特に、このクラスの子どもたちは歌が好きで、
英語の歌からも楽しく英語を学んでいます。

 

ガリレオ(年少)

朝の会では、英語でてあそびとダンスをしています!

ダンスはみんな大好きで、
朝から英語の歌で元気に踊り、
英語に楽しく触れています。
今までは大人しい子どもも、
出欠で名前を呼んだときのお返事がおおきくなったり、
ダンスで弾けていたり、
クラスにも英語にも慣れ、楽しんでいる様子が見られます!

 

龍馬クラス(年中)

朝の会では、日にちや一日の予定の確認を
英語と日本語で行っています。

毎日繰り返し行っているため、
この頃は、子どもたちも英語を覚え、
先生が「お水を飲む時間」
と伝える前に子どもから
”drink water ” などと、
一日の流れを英語で言えるほどになりました。

 

ピタゴラスクラス(年長)

朝の会の中で、インタビューを行っています。
日本人は英語で、アメリカ人は日本語で答えます。

インタビューでは自分の好きな季節とその理由など、
簡単な質問から始めていますが、
人前で話すことの練習になっています。
子どもたちは積極的に手を挙げてくれて、
友だちの前で話すことが好きな子どもたちです。

YBSの子どもたちと英語

英語はたくさん触れれば触れるほど、身についていきます。
YBSでは毎日の朝の会やレッスンを通して、
同じことを聞く・話すを繰り返し行っています。
特に、この年代の子どもたちは音声でたくさん英語を聞かせ、
頭に残るようにしていきます。

その結果、何度も聞いた言葉やフレーズを
自分から発するようになっていきます。

YBSの子どもたちは、
毎日英語のシャワーをあびていて、
いつの間にか、自分から英語を発するようになっています。

英語の歌や手遊びを子どもたちが一緒に歌っているとき、
フラッシュカードで練習した言葉を使ったとき、
自然とあいさつが英語でできたとき、
そして、アメリカ人の先生や、友だちに
がんばって英語で自分の意思を伝えようとしているとき、
私たちは、子どもの成長を感じ、うれしく思います。

しかし、一番大切なのは
英語はコミュニケーションの手段の一つであり、
英語が話せなくてもコミュニケーションがとれるということ。
気持ちがこもっている限り。

YBS の子どもたちは、
文化や言葉が違っても
一緒に楽しく過ごせる仲間です。
共に生活し、遊びを通して
お互いの違いを認め、受け入れ、気持ちを伝え合う。
それを一番に目指しています!

 

家族みたいになんでも伝え合える
YBS ファミリー。
そんな輪をどんどん広げていきたいです。


 

Luna この記事を書いた人

Luna

2017年から加わったYBSの新メンバー。 何事にも挑戦してみる!!そんな彼女の姿勢はYBSにまた新しい風を起こしてくれる。海外での経験から培った価値観と新鮮な視点で物事を見れるは彼女だからこそ。 パワーあふれるアフタースクールの子供たちと一緒に、一歩ずつ前に進んでいる。