未来へはばたけ卒園生!!~YBS卒園式~

先日8月26日の土曜日に行われた、YBSの第5回卒園式。
ピタゴラスクラスの卒園生19名が参加し、
在園生のお友達も卒園生を送り出しました。

卒園生も在園生も当日までたくさんの練習を重ねてきました。
最初のころは、
イスに静かに座れていると思ったら
ウトウトしていたり、友だちにちょっかいを出していたり、
歩く練習では
本番のステージを想定した階段の印を気にせず歩いたり、
緊張しすぎてロボットみたいになってしまったり…。

子どもたちの一回一回の練習、
スタッフの一回一回の話し合い!
たくさんの準備をへて、当日を迎えました。
 

卒園生がYBSで学んできたこと

卒園生からのスピーチ。
日米の子どもたちが、共に学んで、共に成長した姿が、
卒園生のそのスピーチに表れていました。
アメリカ人の子は日本語で、日本人の子は英語で。
人前で話すのは緊張すること、
第二言語で話すことはさらに緊張します。
それでも、全員が立派にできたのは
一人一人の違いを認め、
それを大切にし、楽しむことを
子どもたちは学んできたからでしょう。
違いを尊重してもらえる安心感が
子どもたちの自信につながります。

夏の卒園式にぴったりの、
秦基博の『ひまわりの約束』の音楽に併せ、
子どもたちの成長を振り返るスライドショー。
YBSでは日米の子どもたち、先生たち、
そして、文化が混ざり合うなかで
子どもたちが成長してきました。
その様子が伝わり、
思わず涙が出そうになる
感動的なスライドショーでした。​

未来へはばたく卒園生

YBSで過ごした日米の子どもたちが
共に未来へはばたいていくこの卒園式。
そんな思いを込めて、
卒園生がちょうちょになった姿を装飾にしました。

子どもたちにとっても、
今まで支えてくださった保護者の方にとっても、
YBSでの成長を感じられる
素晴らしい日になっていてくれたら嬉しいです。

進む先は違っても、ずっと友だちです。
この先の未来で、また出会い、
共に時間を過ごせることを願っています。
そして、YBSはいつまでもみんなのfamily です!
卒園生たちの成長をこれからも楽しみにしています。

Luna この記事を書いた人

Luna

2017年から加わったYBSの新メンバー。 何事にも挑戦してみる!!そんな彼女の姿勢はYBSにまた新しい風を起こしてくれる。海外での経験から培った価値観と新鮮な視点で物事を見れるは彼女だからこそ。 パワーあふれるアフタースクールの子供たちと一緒に、一歩ずつ前に進んでいる。